牛乳パック椅子の作り方(六角形)。組み立ては簡単!布カバーあり。

牛乳パック椅子の作り方

牛乳パックを再利用して頑丈な六角形の椅子を作ってみました。
作り方をまとめてみましたので参考にしてみてくださいね^^

牛乳パック椅子の作り方 六角形

【材料】 牛乳パック24個、段ボール、ホチキス、セロハンテープ、粘着テープ

パーツ作り・成形

①.牛乳パックをきれいに洗って乾かし、切り開いて、注ぎ口と底の部分を切り取ります。
②.③.三角柱になるように折り、重なった部分を上下ともホチキスで留めます。
④.セロハンテープで、三角柱の周りを2周ぐらい巻きます。

牛乳パック椅子の作り方

三角柱が24個できたら、つなげて大きな六角形の形にしていきます。

三角柱のホチキスを留めた部分(重なった部分)が接しないように組み合わせて、
ホチキスで留めていきます。
牛乳パック椅子の作り方

形ができあがったら、粘着テープで全体の周りをぐるりとしっかり巻きます。
牛乳パック椅子の作り方

補強・仕上げ

①.底と上の六角形の形に合わせて切った段ボールを2枚用意し、まず1枚は底の部分に粘着テープで貼り合わせます。

※布カバーをつける場合、この六角形に切った段ボールを型紙に使用するといいので、
貼りつける前に生地に型を取るのをおすすめします。↓詳細下

②.③.半分の大きさの新聞紙を丸めて、1つの牛乳パックに3つずつ詰めていきます。
④.最後に六角形に切ったもう1枚の段ボールでふたをして、粘着テープで貼ります。

牛乳パック椅子の作り方

これで、牛乳パックで作った椅子のできあがりです。

牛乳パック椅子の布カバーの作り方

過程を写真に撮っていなくて申し訳ないのですが(謝)、私がやってみた方法をご紹介しますね。
もしかしたら、もっと簡単な方法があるかもしれません(汗)

【座面の生地準備】

①.段ボールで作った座面の六角形の型を使い、生地に写しとります(できあがり線)。
この線の周囲に縫い代を1.5cmぐらいとります。

【側面の生地準備】
③.椅子の高さを測ります。
②.椅子の側面の周りをメジャーで測ります。ウエスト測る感じ^^
④.高さ×周囲を元に、型紙を作ります(新聞紙使用)
生地の裏側に型を写し(できあがり線)、この周囲に1.5cmぐらい縫い代をつけます。

【座面と側面を縫い合わせる】
⑤.まず、側面の底辺を縫います。一番、長~い辺です。
⑥.中表にして、輪になるように縫います。縫うと筒型になります。
⑦.座面と側面の生地を合わせ、待ち針で止めて、グルッと縫ってできあがりです。

作り始めたら以外と簡単で、楽しく作ることができました!
お子さんと一緒に作ってみるのもいいかもしれませんね^^

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です