もっちり!蜜いっぱいな名古屋流の鬼まんじゅうの作り方。甘さを引き立たせるワザ

鬼まんじゅう

さつまいもを使って「鬼まんじゅう」を作りました。
材料は、さつまいもと、小麦粉、牛乳、砂糖、塩だけ。
蒸しケーキのようにふっくらしたものではなく、もちもちっとしていて、ずっしりと食べ応えがありますよ。

作り方に特徴があって

一切、水を使いません!

さつまいもに砂糖をまぶして、自然に出てきた「芋の蜜」がつなぎになるんです。
これが名古屋流「もっちりした甘い鬼まんじゅう」になるワザ。

鬼まんじゅうは、わたし(名古屋出身)が子どもの頃、よく母が作ってくれた懐かしいおやつです。今でも、たくさんサツマイモが手に入ったときは、作ります。簡単ですよ。

では、芋の蜜いっぱいのモチモチ鬼まんじゅうの作り方です。

名古屋流・鬼まんじゅうのレシピ

名古屋流・鬼まんじゅうの材料

・さつまいも: 500g (普通の大きさ2、3本ぐらいかな)

・砂糖: 120~150g (芋によって仕上がりの甘さは違いますが、砂糖は少なくても十分甘いと思います。)

・小麦粉: 140g

・塩: 適量

—蒸し器がない場合(わが家はいつもこの方法)—
・大きな鍋に茶碗(またはココット皿)を入れ、その上に大皿を乗せる。あとから大皿を入れると熱いです。
・この状態で鍋に水を入れて火にかけ、沸騰したら、蒸すものを入れる。

名古屋流・鬼まんじゅうの作り方

1.さつまいもをよく洗い、1cm角に切って、2時間ほど薄い塩水にさらしておく。(アク抜き)

2.芋をザルにあけて水分を切ります。
ボールに、さつまいもと砂糖を入れ、全体に砂糖が絡むように混ぜたら1、2時間置いておきます。

3.芋から蜜(水分)が出てきます。
そこに、小麦粉を振るいながら少しずつ入れ、さつまいと混ぜ合わせて馴染ませます。

4.10cm四方に切ったクッキングシートに生地をスプーンで落として、沸騰した蒸し器の中に入れる。
蓋と蒸し器の間に布巾を挟んで30分蒸す。
※布巾を挟まないと、水滴が生地に落ちて、蒸し上がりがベチョベチョになる場合があります。

5.生地が半透明になり、竹串をさして何もついてこなければできあがり。

※蒸し方の工夫
10cm四方に切ったクッキングシートに1つずつ生地を乗せて蒸す方法以外にも、

大きなクッキングシートに、大きく平たく生地を乗せて蒸す方法もあります。
蒸しあがったら蒸し器から出して、粗熱が取れたら包丁で食べやすい大きさに切ります。

作り方は以上です^^
ホットケーキミックスを使うと蒸しケーキ風になりますが、名古屋流のモッチリした鬼まんじゅうもとっても美味しいので、是非一度作ってみてくださいね。

コメント

  1. koyomi より:

    美味しそう(ノ´∀`*)おやつにぴったりですね。
    ぜひ挑戦してみます♪

    女性にもよさそうだし(*´ェ`*)ポッ

    Posted by りょう。 at 2006年10月30日 15:52

    こんばんは~!
    私も大好き!鬼まんじゅう!
    日曜の朝食用に作ったら、子供にしかられた。。「ちゃんと、ご飯作ってよ~。」
    私は、十分朝食になると思うんですけど。

    Posted by 華子 at 2006年10月30日 23:29

    なおちーさん、大丈夫ですか~。
    早く治してくださいね~♪
    もうすぐ年末を迎えるし
    (早っ!!)

    子どものころ。鬼まんじゅうがよくわからなくて。怖い食べ物だと思ってました^^;
    もちもちした食感になるのかな~♪
    今度作ってみようっと^^

    Posted by プリ子 at 2006年10月31日 11:05

    ★りょう。さんへ

    こんにちは。
    お芋がぎっしりで、食べ応えのあるおやつですよ!
    時間をかけて蒸すので、芋も甘みが増して、砂糖を控えめにしても十分甘いです。

    >女性にもよさそうだし(*´ェ`*)ポッ

    ホント、そうですね~。でも食べすぎには注意です^^

    ★華子さんへ

    こんにちは。

    >日曜の朝食用に作ったら、子供にしかられた。。「ちゃんと、ご飯作ってよ~。」

    あはは~^^; わたしもしょっちゅうですよ。おやつなのかご飯なのか分からないもの作ります~。今のところ、文句言わずに食べてくれてます。

    華子さんもお好きなんですね~。簡単でおいしいですよね~!!

    ★プリ子さんへ

    こんにちは。
    子どもの風邪がうつってしまいました・・・。年が明ける前に治さなくてはっ。
    関東方面には、鬼まんじゅうのようなものはあるんですか??
    東海地方では、スーパーや行楽地などでもみかけますよー。見かけるとついつい買ってしまう^^
    簡単なので、是非作ってみてくださいね♪

    Posted by 管理人なおちー at 2006年11月01日 18:45

    あれは、名古屋流なんだね。
    私もこのシンプルな鬼まんじゅうだいすきだなあ・・・。

    Posted by ゆきりん at 2006年11月04日 22:01

    ★ゆきりんさんへ

    こんにちはー♪
    そうそう。わたしも全国共通かと思っていたんですが、このモチモチ&ボテッとした食感のものは東海地方独特のようですよ。

    今朝はホットケーキミックスにさつまいもを入れて作ってみました。これはこれでおいしいけど、ちょっと甘すぎかな~。

    Posted by 管理人なおちー at 2006年11月05日 20:56

    はじめまして。
    先日より偶然こちらを知りおじゃましております。
    お料理、どれもおいしそう…というか間違いなくおいしいと思われるお品ばかりです。
    料理ってセンスだと言われますがホントそのとおりだとこちらを拝見して思いました。
    これからも楽しみにしております。
    オニまんは以前勤めていた会社にて名古屋営業所の所長さんが、出張でいらっしゃる際よくお土産に持ってこられていて「オイシイわあ」と感心・感嘆していただいていたのを思い出しました。あの独特の食感、なつかしいです。
    今度ぜひ自分で作ってみます。

    Posted by もんじろう at 2006年11月05日 21:40

    ★もんじろうさんへ

    こんにちは。コメントありがとうございます。

    >料理ってセンスだと言われますがホントそのとおりだとこちらを拝見して思いました。

    ぎゃああ~、センスないですよ本当に。いつも適当です。でもそう言っていただいて素直にうれしいです^^

    名古屋には美味しくて有名な鬼まんじゅう屋さんがありますが、わたしは食べたことがありませんー。
    もんじろうさんも是非作ってみてください。お店の味には遠いかもしれませんが、素朴で美味しいですよ♪

    Posted by 管理人なおちー at 2006年11月08日 13:53

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です