洗濯物のニオイを防ぐ部屋干しテクニック

雨が続く梅雨の時期や寒い季節、洗濯物がなかなか乾かず困ることがありますね。
また、花粉の季節や、夜に洗濯をしたときなど、やむを得ず部屋干しをすることもあると思います。

わが家でも、共働きの頃は、ほとんど部屋干しだったのですが、一晩中換気扇や扇風機を使うなどして乾かしていました。この頃は、節約の「せ」の字も考えたことがなかったので、「朝までに乾けばいいや。」という考え。無駄な電気代がかかり放題だった気がします。
子どもが生まれて1歳ぐらいまでは、洗濯物の量も多く、洗濯→干す→洗濯→干す・・・を1日中繰り返していたのですが、梅雨の時期なんかは、部屋中に布オムツを「のれん」のように干していたこともありました。

部屋干しをするとどうしても気になるのが、生乾きのニオイや部屋中にこもる湿気など。
今回は、部屋干しをするときのコツや、ニオイ対策、上手な洗濯のテクニックなどをまとめてみましたので、参考になさってみてくださいね。

ベルメゾンネット ベルメゾンネット

部屋干しした洗濯物が臭う原因

落としきれずに残った汚れが酸化したり、細菌の働きや増殖によって、臭いが発生します。

洗濯物が乾くまでに時間がかかればかかるほど、汚れの酸化や菌の繁殖が進んでいきます。

つまり、臭いを抑えるためには、次のポイントを守れば効果的です。
・しっかり洗濯物の汚れを落としきること。
・すばやく乾かすこと。

部屋干しをするときの洗濯の仕方

しっかり汚れを落とす

雑菌の多いお風呂の残り湯を使わずに、キレイな水で洗うようにします。お風呂の残り湯を使った場合は、すすぎをキレイな水でしっかりします。日光にあてない分、雑菌によるニオイが発生しやすいので、すすぎは重要。
また、一度の洗濯の量をいつもより減らすようにします。余裕があると、洗いもすすぎもしっかりできます。

部屋干し用の洗剤や柔軟剤を使う

部屋干し専用の洗剤や、殺菌作用のある柔軟剤はかなり効果的。

外国製の柔軟剤は好き嫌いがあると思いますが、香りがいいですよ。

部屋干しトップ 1.1kg 【ポイント5倍】液体部屋干しトップ 760ml 【ポイント5倍】抗菌ハミング濃縮タイプ 720ml 【ポイント5倍】ダウニーリキッド (エイプリルフレッシュ) 1200ml

脱水はいつもより時間をかけて

洗濯が終わったら、しわになったら困るものや、生地が傷みやすいものを取り出して、バスタオルやトレーナーなど、厚手の洗濯物をもう一度脱水します。

次に、部屋干しするときのコツとアイデアをご紹介します。

部屋干しするときのコツとアイデア

・なるべく広い部屋の中央に干す。
湿気がこもらない場所を選びます。

・洗濯物が多いときは、ふた部屋に分ける。
湿気がこもるのを少しでも防ぐためです。

・部屋のすみは、湿気がこもるので避ける。
カーテンレールにひっかけて干していてはダメ。

・バスタオルやトレーナーなどは、中に風が通るように工夫する。
ハンガーを丸い形にして、トレーナーの胴体部分に入れる。バスタオルは、2本のハンガーに渡して大きく広げて干す。

・ズボンのポケットは外側に出す。
生地が重なっているところは、乾きも遅くなります。ポケットを外側にペロンと出したり、ズボンごと裏返しにして干す。

・新聞紙をくしゃくしゃにして床に敷くと湿気を取ってくれる。
私も実践しているものの効果はよくわかりません。でも、多少違うと思います。(と思いたい。)

洗濯物を嫌なにおいにしないためには、スピード乾燥が命!
扇風機を回したり、エアコンや除湿機を利用してみましょう。

わが家では、折り畳みができる、多機能物干しを使っています。部屋干しをするときは、部屋の中央にデーンと置いて洗濯物を乾かします。

洗濯槽を掃除しよう

洗濯槽の中がカビや汚れだらけでは、目に見えない汚れが洗濯物に付着し残っている可能性があります。普段から洗濯槽は洗濯槽クリーナーなどを使って、定期的に掃除をしましょう。

洗濯槽は、重曹と酸素系漂白剤でも掃除できます。

お湯を入れた洗濯槽に重曹と酸素系漂白剤を1カップずつ入れ、30分ほど洗濯機を回します。入浴後の温かい残り湯を使うといいですよ。

洗濯機を回して汚れが浮いてきたら、汚れをすくってから排水し、新しく水を入れて再度洗濯機を回します。
汚れが出てこなくなるまで繰り返します。
(しっかりすすぎを行わないと、次に洗濯をしたときに汚れが洗濯物に付着しますので注意してください。)

※粉末のワイドハイター酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)でもよく取れました!!!

たぶん大丈夫だとは思いますが、試される方は自己責任でよろしくお願いします。

洗濯槽にカビや汚れがなるべく発生しないような使い方を

わが家では、洗濯機のフタは、日中、ずっと開けたままにし、中に湿気がこもらないようにしています。
また、汚れた洗濯物は、洗濯カゴに入れておいて、洗濯機の中に入れたままにしないようにしています。
洗濯槽の中の汚れは、洗剤の残りカスも多く含まれるそうです。残りカスはカビにとって栄養源になります。洗剤は適量を守って入れすぎないようにしましょう。

洗濯槽を徹底的にキレイにしたい場合

分解して中までゴシゴシ洗ってみたくもなりますが、やはり素人にはちょっと難しい。

専門のクリーニング業者に頼んで、ピカピカにしてもらうのも手。
ダスキンの全自動洗濯機クリーニング一台17,640円~
専門のトレーニングを受けたスタッフが洗濯槽を取り外し、専用の薬剤や高圧洗浄機で洗浄してくれます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です